news
お知らせ

MENU

九州Teen’sオーディション2019準グランプリ『寧音』1st single「I’m in love」デジタルリリース開始!

日頃より格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

 

この度、当アカデミーに通われるアーティスト『寧音』さんの1st single「I’m in love」のデジタルリリースが開始されました!

 

B’z、T-BOLAN、大黒摩季、倉木麻衣、BREAKERZ、植田真梨恵などが所属する「Being Group」と、弊社「オンリードミュージックアカデミー」のタイアップにより、一昨年に開催された『九州Teen’sオーディション2019』にて、見事アーティスト部門の準グランプリに選ばれました寧音さん。

 

Being Groupより、亜蘭知子さんが1983年リリースのアーバン・ディスコティーク「I‘m in love」をカバーし、デジタルリリース!

 

 

 

 

アーティスト『寧音』さん、そして1st single「I‘m in love」の詳細は以下、公式情報をご覧ください。

 

 

———————————————————————————————————————-

13歳シンガー寧音

1983年リリース、亜蘭知子のアーバン・ディスコティーク「I‘m in love」をカバー

———————————————————————————————————————-

 

 

 

寧音 – I’m in love(Music Video)

https://youtu.be/pQ-s0gtDv84

 

■寧音 Twitter

https://twitter.com/nene_music

■寧音 Instagram

https://www.instagram.com/nene_music_nene/

■寧音 YouTube

https://www.youtube.com/channel/UC6wWsbqmW7ShjYwsOfBfk9g

 

 

数々の名曲が生まれ、今再び注目される80年代のジャパニーズニューミュージック・シティポップ楽曲の中でも、色褪せぬ輝きを放つ「I’m in love」。

音楽制作会社ビーイング創設期の1983年に、長戸大幸氏のプロデュースでリリースされた亜蘭知子の3rd Album「浮遊空間」に収録されたアーバン・ディスコティークナンバーだ。

リリースから38年の時を経て生まれ変わるシティポップの名曲を13歳のシンガー寧音がカバーし、asistobeレーベルよりデジタルリリース。

本日よりストリーミング&ダウンロード配信がスタートした。

 

アレンジャーに、TikTok流行語大賞2020音楽部門を受賞したcinnamonsとのコラボ楽曲「summertime」や、インドネシアの人気YouTuberレイニッチによる

松原みき「真夜中のドア~stay with me」カバーのプロデュースで知られるevening cinemaの原田夏樹氏を迎え、原曲の軽快かつ都会的なサウンドに足されたエッセンスが更なる楽曲の魅力を引き出している。

ジャケットイラストやミュージックビデオはイラストレーター陽子氏による描き下ろし。

 

 

Arranger:原田夏樹(evening cinema)コメント

———————————————————————————————————–

最初に歌唱音源を聴かせていただいたとき、とても上品かつ大人びた声で、どんな少女なのかというワクワクと或る種の戸惑いを抱いてレコーディングに行ったのを覚えてます。

歌っている時の集中力というか執念めいたものが凄まじく、こっちから休憩を提案しないと永遠に歌い続けてる……本当に歌が好きなんだという印象でした。

アレンジは当時を意識しつつ、大人っぽさとちょっとのかわいさを盛り込んで、寧音さんの歌声に寄り添うように作りました。

原曲もさることながら、これはこれで良い物になったと思います。

何より歌を聴いてくださいませ。彼女の声が少しでも多くの人の元に届きますように!

———————————————————————————————————–

 

 

<原曲:亜蘭知子「I’m in love」>

Produced by 長戸大幸。1983年リリース亜蘭知子の3rd Album「浮遊空間」に収録された「I’m in love」

FENCE OF DEFENSEの(Ba) 西村昌敏がサウンドプロデュース。

単なるアーバン&リゾート感覚のデジタルポップスに収まらないサンプラー(Emulator)やシンセも多用したアヴァンギャルド&ニューウェーヴなサウンドは80年代ビーイングサウンドの先鋭性・多様性を体現。

近年、高まりを見せる80年代の日本の音楽に対する海外での再評価を象徴する作品の一つ。

 

<Arranger:原田夏樹>

evening cinemaのVo.兼コンポーザー。

70〜80年代ニューミュージック・シティポップを、90年代J-Pop的なフィルターを通して再構築したサウンドが特徴的。

作詞作曲を担当したcinnamonsとのコラボ楽曲「summertime」がTikTok流行語大賞2020音楽部門受賞、Spotifyが発表した「海外で最も再生された国内アーティストの楽曲」第7位にランクイン。

同年11月には中国・深圳で開催された世界最大級の芸術祭「Shenzhen Fringe Festival 2020」の公式テーマソングに日本人バンドとして大抜擢され新曲『Night Magic』を描き下ろす。

また、インドネシアの人気YouTuberレイニッチによる松原みき「真夜中のドア~stay with me」カバーをプロデュースするなど日本の音楽の魅力を国内外で様々な方法で発信している。

 

<楽曲情報>

寧音 1st Single(Digital Only)

「I’m in love」

2021.12.3 Release

 

Lyrics:Tomoko Aran

Music:Masatoshi Nishimura

Arrange:原田夏樹( https://twitter.com/1st_summer )

Illustrator:陽子( https://twitter.com/hrn_yc )

Music Label:asistobe

https://nene-music.lnk.to/iminlove

 

 


福岡・博多のボイトレ・ボーカルスクール「オンリードミュージックアカデミー」。マンツーマンでのボイストレーニング、楽器、楽曲・音源制作に加え、声優、演技、MCまで幅広く学べます。体験レッスン実施中!


Mail Tel